中絶手術は妊娠初期の方が安い|早めの決断で費用とリスクを抑える

医者

決断時期とリスク

悩むレディ

出産を躊躇う場合、中絶の決断は早めに行なわなくてはいけません。法律で妊娠22周目未満までしか手術ができないと決められているからです。東京の病院で中絶をするときはそのリスクも考えておきましょう。

もっと読む

保険は使えない

女医

やむを得ない理由で中絶手術を選択することになる場合があります。例えば、若すぎる年齢で妊娠をしてしまった場合や望まない相手との性交渉で妊娠した場合、経済的な理由で子どもを育てられない場合などいろいろな理由があるでしょう。中絶手術は妊娠して時間がたつにつれ難しくなってしまいます。母体への影響もどんどん大きくなってしまうのです。しかも、手術の難易度があがるにつれその費用も高くなるため、決断をする場合は早めにしなくてはいけません。中絶手術は妊娠中期までしかできないということも頭に入れておきましょう。また、手術は保険が適用されないものなので費用は全額が自己負担になってしまうのです。日本では病気の治療であれば保険が使えるので、全費用の3割程度を自己負担するだけで治療が受けられるようになっています。本来の治療費が1万円であれば3千円を自分で支払い、あとの7千円を保険で支払っているのです。しかし、中絶手術はその保険が使えないので1万円であればそれをすべて自分たちで支払わなくてはいけないのです。

中絶手術にかかる費用は、妊娠初期と中期でかなり差が出てくるでしょう。なぜなら、中期になると手術の方法が難しくなり入院の必要が出る場合もあるからです。妊娠初期と呼ばれるのは11周目までとなり、その場合は比較的簡単で安全な方法で手術が受けられるのです。妊娠初期に中絶手術を行なう場合、それにかかる費用は約7万円から15万円ほどでしょう。このようにバラつきがあるのは各病院でそれぞれ費用を設定しているためです。

中期の手術

困るウーマン

中絶をすると決まったときに気になるのが母体へのリスクと費用です。初期の頃に中絶手術を受けないと費用は高くなってしまいます。中期になると入院が必要になるからです。

もっと読む

主な手術方法

看護師

中絶というのは行なえる期間が決まっているので早めに決断して病院を選びましょう。東京の病院では初期の中絶手術に掻爬法や吸引法が使われます。中期になると陣痛を起こして子宮を収縮させる方法が使われるのです。

もっと読む