中絶手術は妊娠初期の方が安い|早めの決断で費用とリスクを抑える

看護婦

中期の手術

困るウーマン

中絶手術をすることになったときに心配なのが母体への影響と中絶手術の費用です。妊娠には初期や中期、後期と呼ばれる時期があり、中絶手術を行なうことができるのは中期までとなります。初期の頃に行なわれる手術は費用も比較的安く、母体への影響も少なくすることができるでしょう。本当に早い時期であれば10万円以内の費用で手術を行なってくれるという病院もあります。しかし、妊娠12週を過ぎてしまうと簡単な方法では手術できなくなってしまうのです。その妊娠12周目から妊娠22周目までを妊娠中期と呼びます。この場合は手術の方法が出産と同じようなものになることもあり、母体にも大きな影響が出る可能性があるのです。体への負担が大きくなるので入院しなくてはいけなくなるでしょう。そのため、中絶手術の費用が初期と比べて2倍以上高くなることがあるのです。

妊娠中期の中絶費用は約20万円から50万円ほどになります。また、検査の回数や入院の日にちが増えることで更に費用が高くなることもあるのです。母体への負担が大きくて想定外の大きな手術になってしまうという可能性もあります。また、手術後に精神的な負担から体調を崩してしまうというリスクもあります。中期の手術をするという場合は、費用が増えてしまうこともしっかり考えておきましょう。費用が高いからといって安さで病院を選んでしまうと母体へのリスクが高まることがあるので、注意して病院を選びましょう。